ファミリーケア長良

ご利用案内

在宅生活において、医療と介護の両面からのサポートにより、24時間365日、「通い」「泊まり」「訪問介護」「訪問看護」を組み合わせて生活を支えていきます。

医療依存度が高くなっても、住み慣れた地域で生活ができるよう馴染みの環境・馴染みのスタッフで支援を行っていきます。

 

「通い」

 早朝から夜間まで通いが可能です。朝食から夜間までの長時間の利用や、2~3時間の短時間の利用など、その方に合わせた対応が可能です。

 

「泊まり」

急な泊まりにも対応が可能です。月間で計画した以外にも、緊急時には利用できるような態勢を整えています。

 

「訪問介護」

回数、時間、内容は一人ひとり違います。回数や時間に縛りがなく、その方に応じたサービスを提供しています。

 

「訪問看護」

通い・泊まり時も看ることができ、切れ目のない体調管理ができます。医療ケアが継続して行えるので、臨機応変に通い・泊まりを切り替えて体調管理をします。

 

ご利用できる方:要介護1~5の認定を受けた方

サービス地域:岐阜市

 

<通い> 定員15名/日

<泊まり>定員9名/日

 

サービスで対応できる医療措置の例

・医療機器を利用している方…胃ろうの管理、カテーテル類の管理

・生活リハビリが必要な方…飲み込みの訓練、車いすへの移動、歩行訓練など

・褥瘡(床ずれ)などがある方…創傷の処理、悪化の防止

・認知症の方…生活リズムの調整、認知症場への看護や介護相談

・終末期の方(がん、老衰など)…苦痛の緩和、精神的な支援、看取り

・ご家族や介護者の方…医療機器の取扱いや介護の相談・指導、精神的な支援

 

よくあるご質問

Q1. 看護小規模多機能型居宅介護はどんなところ?

A. 自宅で継続して生活するために必要な支援をする介護サービスです。
介護が必要となる時間が不規則で、サービスの調整に困っている方、退院直後で自宅での生活が困難な方、家族での医療処置の不安を相談したい方、医療ニーズが高く他の事業所でサービスを受けられない方、など対象者はさまざまです。

 

Q2. 現在、担当のケアマネジャーさんがいますが、サービス移行後も担当は変わりませんか?

A. いいえ、事業所内のケアマネジャーと交代していただくことになります。

これは看護小規模多機能型居宅介護の特性で、複数のサービスを1つの事業所で行っているため、ご利用者の状況を常に把握し、必要に応じてプランの変更を行っていくためです。

 

Q3.利用回数や宿泊階数に制限はありますか?

A. いいえ、特に制限はありません。

希望を聞きながら、担当のケアマネジャーがサービスを組み立てます。希望者が定員を超えた場合は、調整のご相談をさせていただきます。ただし、緊急の場合は可能な限り柔軟に対応いたします。

 

Q4. 現在「泊まり」サービスを必要としていないのですが、泊まり以外での利用はできますか?

A. はい、できます。

泊まりに限らず必要のないサービスは無理に使わなくても良いです。現在「泊まり」を必要としていない方も将来的に安心ですし、緊急時のみの利用も可能です。

 

Q5. 看護小規模多機能型居宅介護サービスに移行した場合、他の事業所は利用できなくなりますか?

A. 一部の介護サービスが使えなくなります。

介護保険を利用して福祉用具貸与・販売、住宅改修、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導は併用してご利用いただけます。

 

Q6.今より重度化した場合は、他施設へ移行しなければいけませんか?

A. 基本的には最期を迎える「看取り」まで、ご利用いただきたいと考えております。しかし、事業所内の設備の関係や医師が常駐していないこともあり、複雑な機器が必要な医療処置があったり、医療の依存度が著しく高い方はご利用が困難になる場合があります。

 

 

詳しいサービス内容や、ご不明な点がございましたら、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

 

〒502-0832 岐阜市千代田町1丁目26
TEL.058-214-6123

ファミリーケア長良

看護小規模多機能型居宅介護   ファミリーケア長良

〒502-0832
岐阜市千代田町1丁目26
TEL.058-214-6123

パンフレットダウンロード
和光会グループ